ホーム

アートセラピー

カウンセリングとは

カウンセラー紹介

ご予約/お問合せ

Q&A

規約/個人情報取扱

用語集

グループワーク

講演/講座

女性の健康

リンク


カウンセリングや心理学の専門用語をわかりやすい言葉で解説いたします。

 
「アダルトチルドレン」 「エゴグラム」 「拒食症 : 摂食障害 」 「ストレス」
「アサーション」 「エンカウンター」 「共依存」 「ストローク」
「生きる意味」 「過食症」 「グリーフワーク」 「トラウマ」
「イラショナルビリーフ」 「過呼吸症」 「自己同一性」 「パニック障害」
「うつ状態と鬱病」 「過敏性腸症候群」 「自傷行為」 「PTSD」
「ADD及びADHD」 「機能不全家族」 「自律神経失調症」 「見捨てられ恐怖」
 






  もとはアルコール依存症の問題を抱えた家族の中で成長した大人(ACOA:AC of Alchoholics)を意味していました。しかし現在の日本では、このAC概念を、「機能不全家族の中で成長した大人」(ACOD: AC of Dysfunctional Families)の問題として捉えるのが一般的になっており、子供時代に主に親子関係の中で心の傷を受け、この心の傷が癒される時期が無いまま成長し、その影響で現在も生き辛さを抱える成人を意味します、またアダルトチルドレンの問題はインナーペアレンツの問題とも言い換えられます。  



  相手の立場や権利を侵すことなく、自分の意見や感情、権利を抑圧せず適切に表現する行動を言います。
「アサーティヴな態度」とは、相手の言い分を尊重しながら、自分の考えや感情を表現し、円滑な対人関係を形成、維持することを目的といたしますが、これは単なる自己表現ではなくて自己と他者の双方を尊重するという人権感覚を備えた態度ともいえます。
参考文献;現代カウンセリング事典

 



  「生きるとは個性化をたどる道」そういう言葉があります。また生きること自体が自己実現の過程と考えることもできます。
この自己実現という言葉はユングが最初に使った言葉ですが「人間は常に成長して何かを成し遂げることができる生き物である」ということであり、「人は自分の可能性を実現することができる生き物である」ともいいかえられます。
しかし「生きる意味」そのものにとらわれて生きることよりも、今ここに生きている自分=ここに存在する自分を受け容れて生きることこそ大切なことではないでしょうか?
 



  非合理的な思い込み;同じ出来事や物事が存在しても、その受け取り方やとらえ方により、違う生き方をすることができます。物事に対して非合理な思い込みをやめ、合理的な考え方をするようにしましょう。

たとえばひとつの例として

 
A;過去のできごと 自分の母親にお前はブスだといわれた。
B;思い込み 私はブスだ、ダメな存在だ。
C;現在の自分 だから私には恋人ができない。
 

この場合、A;過去の出来事である母親の言葉は、母親の個人的な感情、思いこみによるものだと言えます。
そこでB;思い込みとして自分自身を否定する必要はなく、C;現在の自分はブスでもないしダメな存在でもない、母の言葉のためで恋人ができないわけではないと、ラショナルなビリーフ(合理的な考え方)に導いていくことが大切です。
 



  「うつ状態」とは一時的に憂鬱な状態をさします。 どうしたの、浮かない顔して。
ちょっとイヤなことがあって、、憂鬱でさあ。
そういう会話は至極日常のものだと思われます。 しかし「鬱病」となると話は別です。
鬱病の苦しみは、普通の人が陥る悲しみや苦しみ、悩みとは種類の違うものです。絶望的な気分になり、自殺願望がつきまとうようになることさえあります。また鬱病(うつ病)になると、対人恐怖症や引きこもりにもなる人も多いようです。
症状としては

  ・やる気が出ない、何をするのも億劫、落ち込む
・人に会いたくない、話したくない、外に行きたくない
・不眠、早朝覚醒などの睡眠障害がある
・食欲、性欲などの減退
・自殺願望を持つようになる、消えてしまいたいと思う
・絶望的な気分になり、悲観的で重苦しい気分が続く
・集中力がなくなり、日常生活や仕事に影響がでる(思考力、記憶力、判断力の低下)
・なにもかも楽しむことができない
・全身がだるく、疲れやすい
・頭痛や肩こりがひどくなる、、、、
 

などさまざまです。 心の病と思われがちですが脳の病気としてとらえることもできます。神経伝達物質であるセロトニン、ノルアドレナリンなどの働きが悪くなっているため気持ちの活性化が伝えられずに憂うつ感などを引き起こして欝病になると考えられています。
そこでSSRI;セロトニン再吸収抑止剤などを使って治療します。
「うつ状態」があまり長く続く場合は「鬱病」を考え、精神科、心療内科、もちろんかかりつけの先生などにご相談ください。
また投薬治療とともに大切なことは心身ともの休養です。
そして生活パターンを見直し、夜型から昼型へ、太陽の光を十分にあびることも大切なことです。
病気になって休んでいる自分を恥ずかしい、情けないという思いで責めることなく、この病気の意味を問う=自分に向き合う休暇をすごしてください。
*おすすめ;
生きるのがつらい。―「一億総うつ時代」の心理学??? 平凡社新書 諸富祥彦
参考ホームページ「UTUーNET」
 



  ADD : 注意欠陥障害
ADHD : 注意欠陥多動性障害 脳の情報伝達システムの機能不全が原因といわれる。

下記のようなさまざまな症状がみられますが自己診断はなさらないように。

  ○集中力にかける。
○ひとつのことをやりとげられない。
○忘れ物が多い
○やるべきことの優先順位がわからない。
○授業中にじっとしていられない。
○時間の管理ができない。
 

そういった症状とともに、周囲に馴染むことができないため、いじめや教師の叱責にあうことでウツ症状をおこし、不登校や引きこもりなどにつながるケースもあります。
専門家の診察をうけて投薬治療をうけること、周りのあたたかい理解も必要だと思われます。
 



  エゴグラムは、アメリカの心理学者エリック・バーン博士が創始した「交流分析」という人間関係の心理学理論に基づいて作られた性格診断テストで、人の性格を以下の5つの心の領域に分けて分析しています。

  ・CP=(父親的な心)批判的な親の心、責める心など
・NP=(母親的な心)優しい心、養育的な心など
・A =(大人の心)冷静な心、道徳心など
・FC=(自由な子供の心)直観力、創造力、わがままな心など
・AC=(順応な子供の心)妥協や感情制御、依存的な心など
 


どのキャラクターの割合が多いかで人とのかかわり方が違うことがわかります。
また相手がどのキャラクターの割合が多いか少ないかでも、自分のかかわり方が違ってきます。
のぞましいのはNP(優しさ)とFC(のびのびした心)のハイポイント、そしてA(ある程度の社会性)ともいいますが、すべて個性=自分です、こんな自分もあんな自分も自分自身、まずは自分を知ることから始めるのがよいでしょう。
 



 

出会いの場において、ありのままの自分で本音を表現し合い,それを互いに認め合う体験のことです。
リーダーとともにさまざまなエクササイズを行いますが、自己理解・他者理解・自己受容・感受性の促進・自己主張・信頼体験という6つのねらいを満たすようなものが用意されています。

例;初対面の席でただ自己紹介をするのではどうしても取り繕ってしまいますし、仕事は何か、家族構成はどうかなど社会的な側面から話が始まってしまいがちです。

そこで「自分を花にたとえてみましょう。そしてその花のイメージを伝えながら自己紹介しましょう。」など、なんらかの会話のきっかけがあたえられた上で自己紹介をしていきます。
メンバーはグループ内を自由に移動しながら挨拶をし、「私は○です、花にたとえると○です」というように、自分のイメージを花で伝えていきます、相手はその花についての感想を述べたり、その花を選んだ理由を聞いたり、相手の答えることに対して感じたことを伝えたりしながら、互いを知り少しずつ受け容れていきます。
自分が相手に受け容れられるという経験も大切ですが、花というひとつのきっかけから、相手を知ろうとしたり、受け容れようとする自分の存在に気づくことも大切なことです。
参考文献;カウンセリングの理論 國分康孝

 



 

過食症とは、仕事や生活などのストレス、またはダイエットの反動から極端に食べ過ぎてしまう状態が続く、摂食障害の症状の一つです。

過剰に食べ過ぎてしまうのを過食症といい、食べることをひたすら拒むのを拒食症といい別のものとして扱われることもありますが、実はきわめて近い関係にあるため拒食症から過食症へ、あるいは反対に過食症から拒食症へ移行することもあります、よってこの両方をあわせて摂食障害と呼びます。

発症のきっかけの一例としてはストレスから過食する日が続き、太ることに対する嫌悪感からダイエットを試みますが、そのダイエットのストレスや反動からまた過食がおこすという悪循環に陥ります。食べてから吐くことや下剤を飲むことを繰り返すと容姿的な変化が一切ないため、周囲が過食症であることに気がつかないまま危険な状態に陥ってしまうこともあります。

拒食症も過食症も特に思春期の女性にみられることが多く、食べること、体重のこと、それしか考えられない毎日をすごします。
原因は成長過程において良好な母娘の関係が築けなかったためとも、思春期特有の容姿コンプレックスとも言われますが、かたくなで他をよせつけない場合が多いと思います。「こんなに痩せて無力な私を受け容れて」という心の叫びを聞いてあげることと、時間はかかってもゆったりうけとめるという姿勢で支えてあげることが回復につながります。
また過食嘔吐をきっかけに、自律神経失調症、月経不順、リストカット、ウツ症状などさまざまな訴えや症状をおこしていく可能性があります。専門医に相談することも大切です。

 



 

過呼吸症とは、ストレスや過度の緊張が原因で呼吸過多になり、頭痛やめまい、手の指先や口のまわりのしびれ、呼吸困難、失神など、さまざまな症状を起こすものです。
若い女性に多くみられますが、男性や高齢者でも発作を起こす人がいます。

症状としては呼吸が速く浅くなって、空気を吸い込みすぎる状態になり、血液中の二酸化炭素が少なくなります。

命にかかわることはないのですが、本人は死ぬではないだろうかという恐怖に襲われ、ますます発作を恐れ悪循環に陥ります。対処としては発作が起こったら紙袋を口にあて袋の中で呼吸を行うペーパーバッグ法が有効です、血液の中の二酸化炭素が増えて徐々に呼吸が落ち着きます。

周囲にあわせてしまう人、気配りの細やかな方がなりやすいとも言われます。また通勤途中の電車で発症し、電車に乗ることができなくなる方もいます。
パニック障害、パニック発作などと似た症状でもあります。

 



  皆さんの周りにも通勤途中の電車でお腹の痛くなる方がいらっしゃいませんか?
緊張や不安といったストレスが副交感神経を刺激し、腸の運動が過度に高まって、はげしい腹痛や下痢が繰り返し起こるようになります。
比較的神経質でデリケートな性格の方に多く、家庭や職場での人間関係のストレス、転居や転職による環境の変化、過労や暴飲暴食などが引き金になって症状が現れます。
 



  子どもが育っていくためには、十分に愛され、受けとめられ、リラックスできる場が必要です。
通常それは家庭であるはずなのですが、両親が始終けんかしていたり、兄弟間のえこひいきがあったり、親からの期待があまりに強かったりした場合には、子供は安らぎをおぼえることなく、心に傷をかかえて成長していくことになります。
  またゆがんだ愛情で子供を甘やかす家族、常に親の不在な家族、(暗黙の)秘密のある家族、親がアルコールなどにアディクション(依存症)を抱えている家族なども、子供の心に悪影響を与えます。
もちろん、どの家庭にもさまざまな問題はあるわけですが、問題となるのは、こうした「機能不全」の状態がシステムとして固定してしまった場合です。
アディクションに侵された親の子はまたアディクションを繰り返す、虐待を受けた親の子はまたそれを繰り返すと言いますが、強固なルールが存在するかしないかもひとつの指針です。

  機能不全家族においての暗黙のルール
1、問題について話し合うのはよくない。
2、感情を素直に表わすのはよくない。
3、人を信じるな。
 

そういったルールに支配された子供は、小さい頃から親に十分甘えたり、のびのび遊ぶ機会を与えられず、常に両親の顔をうかがいながら暮らします。
幼い頃から家庭内の緊張を感じとり、親のグチの聞き役や世話役になったり、道化になったり、不安な状況を避けるため片隅で息をひそめたり、「いい子」になることで自分の存在を認めてもらおうと必死で努力します。

そうやって子供時代をすごした子供が大人になると、低すぎる自己評価のもとに「誰をどう信じていいかわからない」、「どう人とかかわってよいかわからない」というような様々な葛藤を感じながら生きることになります。
*過食嘔吐、拒食症など摂食障害を発症する女子、非行に走る男子などもなんらかの機能不全家族で育った可能性があるといえます。

また世の中には身体的虐待、精神的虐待、ネグレクト(養育の怠慢・放棄)、性的虐待などさまざまな虐待があります。
それが家族から受けたものだとしたら、その子はどういう大人に育つのでしょう?
一生消えることのない傷を背負って生きている人の中には家族=安全=くつろぎの場という方程式を、あてはめられることに嫌悪を示し、常に生きづらさを感じながら生きる方もいます。

 



  食べない、または食べられない状態がつづきます。
主に思春期から20歳代の女性に多くみられます。
自分は決して痩せているわけでないし、痩せたいから食べないわけでもないという理論や信念のもと、食事を拒み続けます。 月経はとまり、内臓はボロボロになり体は冷えてしまい、表面の元気のよさとは裏腹に危険な状態が続きます。
しかし、過食症患者と同じくかたくなで、家族、友人の心配には決して耳を傾けません。
援助者である家族、恋人は非常に忍耐がいるかと思われますが、おだやかにささえ続けることが大切です。
精神疾患ですが、健康面から栄養補給など緊急な治療が必要な場合もあります。
専門医の診断をうけることも必要です。
過食症の欄もご覧下さい。
 



  自己評価が低すぎるため、他者に必要とされることでしか、自分の存在意義を見出すことができない状態。

「彼は暴力をふるうことがあるけれど私が必要なのよ」
「彼はパチンコばかりしているけれどいい人」
こういう言葉を言う女性の心は、もう十分傷つき、疲れ果てています。
しかし、自分が存在することによって、配偶者や、親族、恋人、友人の問題を解決することができるような錯覚にとらわれてしまっているために、問題の本質である配偶者の暴力や、パチンコというものはいっこうに改善されません。

またパートナーや家族の借金を肩代わりしてしまう人もいますが、問題行動をおこす本人が、自分で改心して借金を返したわけではないので、その後も事態は変わらず、場合によっては、より困った状況に陥っていくこともあります。

アルコール依存症、ギャンブル依存症などの問題行動をおこす人物の側には往々にして、共依存症者の存在があり、アルコール依存症を克服するためにはそういった共依存症者もカウンセリングを受けて、まちがった認知を正しい方向にもって行く必要があると思われます。

なぜ共依存症になるのか?
ありのままの自分を受け容れられた経験がなく、ゆったりとした時の過ごし方を知らない人が共依存症になる可能性が高いようです。
自己一致すること、他人との境界を認識すること、それぞれの生きる道はそれぞれの足で選び、歩いていくものだということを学ぶ必要があります。
 



  死別などによる深い悲しみ、悲痛、悲嘆の作業と訳されます。
人は死別などによって愛する人を失うと、大きな悲しみ、喪失感を感じます。
この「悲嘆(GRIEF)」の状態は、心が大怪我をしたような状態ですが、人によって回復にかかる時間や程度もさまざまです。
日本では死を語ることがまだタブー視されるのが現状ですが、どう死を受けいれるのか、どうやって死とむきあうのかを日頃より語ることも大切です。
また悲嘆の最中にいる人間に対して周囲も共感的理解をもって支えてあげる必要があります。
 



  自分とは何か、誰か、どこに存在の根を持っているのか?
両親(家族)にありのままの自分を受け容れられることなく育った、被虐待児はこの「自己同一性」というものが非常に不安定です。ときに人格障害などをおこす場合もあります。
 



  自分で自分を傷つける行為。
自死という行為がもっとも悲しく悲惨な自傷行為と言えますが、過食嘔吐、リストカット、行きずりのセックス、アルコールやギャンブルなどの依存など、自分の身体と尊厳を自ら傷つけてしまう行為を言います。
摂食障害と同じで「自分を見て欲しい、自分に気づいて欲しい」という思いが強く、親の期待に応えることのできない「悪い自分」を罰する行為とも言われます。
 



  不規則な生活や過度のストレスなどにより、身体を働かせる自律神経のバランスが乱れるためにおこる様々な身体の不調のことです。

昼間活発に働く交感神経と夜間体を休ませるために働く副交感神経のバランスが崩れ、夜なかなか眠れない、昼間倦怠感を感じる、冷え、めまい、月経不順などさまざまな症状を訴えます。
不規則な生活を見直すこと、適度な運動をすること、ストレスと上手につきあう方法をみつけることなど、自分の生活習慣を見直すことも大切です。
また鬱病の身体症状にも似ておりますので自己判断はせず、症状が重く長引く場合は専門家の診断をうける必要があります。
 



 

ストレスを引き起こす要因をストレッサーといいます。

ストレスのない社会というのは果たして存在するかというと、それはありえない話です。
また良いストレスは成長のきっかけに成り得るものであり、違う自分を発見できるチャンスかもしれません。
基本的には過度のストレスには関わらないのが一番ですが、ストレスをどう捉え、今後どう対処するかということを学習することによって心の柔軟性も発達すると言えます。

しかし極度の緊張状態の続くようなストレスにさらされると、自律神経を乱し身体的症状さえあらわれる場合があります。
いずれにしても無理、我慢は禁物、楽しめない自分がいたら余裕のあるうちに、そこから笑顔で去るのも大切です。

 



  ストロークとは、なでること、さすること、刺激と訳されますが、自分と相手の存在や価値を認めるための言語、非言語による刺激の与え合い=コミュニケーションとお考えください。
さらにストロークにも無条件、条件付、肯定的、否定的と種類があり4種類にわけられます。
 
無条件の肯定的ストローク あなたがいるだけで幸せ、大好きよ。
条件つき肯定的ストローク  あなたのシャツ素敵ね。
無条件の否定的ストローク あなたってわかんない人ね。
条件つき否定的ストローク 今日のプレゼンは、あなたらしくなかったなあ。
 
上記4つの例の差がおわかりになっていただけましたか?
一番幸せでハッピーなストロークは、無条件の肯定的ストロークです。
相手の存在そのものを認め、肯定してあげる言葉です。
一番悲しいのは無条件の否定的ストロークです、相手の人格や存在そのものを否定する言葉です。
もし、あなたが否定的なストロークを発するときは、どうか条件つきで「ここの部分が良くない」とあくまで範囲指定してあげてください。そうすることで相手の方も、あまり反発をおぼえることなく耳を貸してくれるでしょう。やはり自分にも相手にも余裕が残る後味のよいコミュニケーションが大切ですね。
さて、ここまでは言葉によるストロークですが、言葉じゃないストロークも非常に大切です。一番わかりやすいのが抱擁、握手などのスキンシップ、ノンバーバルなコミュニケーションです。
最近はベビーマッサージなどというものもあるそうですが、皮膚から感じられる母親のタッチは最上のストロークです。もちろん恋人や夫にもマッサージなさることはおすすめですよ。
そしてもっとも悲しく恐怖さえ与えるストロークは暴力です。
毎日報道されるいじめや虐待、これは言葉と暴力と両方の悪いストロークを与えられるわけです。しかし与える方も、なんと不健康なことでしょう。
心の健康を保つためには言語、非言語にかかわらず良いストロークをやりとりすることが大切です。
  ・出会った誰かに良いストロークを与えられる存在であること。
・相手から与えられた良いストロークは感謝とともにしっかり受け取ること。
・いやなストロークはいらないと拒否すること。
・欲しいストロークがあったら、それをおねだりすることも素敵なことです。
・そして日々自分に良いストロークを与えて自己肯定なさること。
 
これがもっとも大切なことです
 



  自然災害や事故、事件、トラブルなど心身に非常に大きな打撃をうけた後、年月を経て、その場面から離れてすごしていても、そのときに感じた恐怖や不快といった感情を思い出してしまうために思うように行動ができなかったりする状態をいいます。  



 

なんの前触れもなく突然息苦しくなり心臓の鼓動が速くなります。胸が強く痛むなど心臓発作に似た症状をおこし非常な恐怖をおぼえ、救急車を呼ぶこともあります。
大量に汗をかき、体が震えりする場合や、過呼吸がみられることもあります。
医師の診察を受け、さまざまな検査をしても異常がみられず、症状もいっこうに回復しない場合に、パニック障害をうたがうことになります。

一度この発作を経験すると、またいつこの症状に襲われるかとビクビクしながら生きることになり、悪循環を繰り返してしまいがちですが、専門医の診断をうけSSRIなどの薬を飲んで治療をすれば治る病気です。
しかし慢性的に過度のストレスにさらされている場合は、そのストレスとどうつきあうかを考えることも先決であり、規則正しい生活をして自律神経のバランスを整えることや、カフェインやタバコ、お酒をさけることも必要です。
 



  Post Traumatic Stress Disorderの略語で、心的外傷後ストレス障害と訳されます。
突然の衝撃的出来事;災害、戦闘体験、犯罪被害など、強い恐怖感を伴う体験を経験することによって生じる、特徴的な精神障害です。
しかし同じ経験をしても症状をおこす人、おこさない人がいるのも事実で、上記のような体験をした人がすべてPTSDをおこすかというと違います。
 



  機能不全家族などで育ち、ありのままの自分を受け容れられることなく育ってしまった人は、他者とのかかわりが非常に不安定なように感じられます。

  ・別れを切り出される前に先に別れを口にする。
・別れを切り出されるなら死んでやると脅す。
・別れを切り出されても平気なように最初から愛を望まない。
 

しかし常に虚しさと孤独感に襲われ、それを満たすためにリストカットや過食、暴走行為、愛のないセックスなどに耽ったりします。 自分自身が自分を見捨てることはない、生きる価値のない人間なんていない、、、そう思えるようになるといいですね。
 
 
当カウンセリングルームでは、このような用語を実際のカウンセリングの場に用いて見立てを述べることや、精神分析的な解釈をおこなうことはないです。当サイトにいらっしゃった皆様にカウンセリングや心身症など心の問題に少しでも興味を持っていただければという思いでご紹介しております。